タイムカード式タイムレコーダー(従来の紙タイムカード+USBメモリ)

従来の紙ベースのタイムカードを用いた出退勤データの打刻を行います。一般的に安価で設置・導入がしやすい利点があり、集計作業の煩雑さを考慮して、収集した出退勤データをUSBメモリ(SDカード)を用いて抜き出し、集計作業をパソコンで行うことが可能となります。ある程度の規模数で、各店舗でネットワークが敷設されていない企業向けの機器となります。

【機能】
タイムカード式タイムレコーダー(従来のタイムカード+USBメモリ)の主な機能としては、以下があります。
・出退勤の打刻
・私用外出時の打刻
・USBによりデータの取り出し・勤怠、又は給与システムへの連携

【主なメーカ比較】

販売元主な製品型番価格備考
アマノ株式会社TimeP@CKⅢ10099,360円勤怠管理ソフトとパッケージで販売。
1,000名迄管理可能
マックス株式会社ER-231S2/PC115,000円勤怠管理ソフトとパッケージで販売。
100名迄管理可能。
セイコープレジジョン株式会社Z17045,000円CSV形式で出力可能で、時間計算を
パソコンで行うことができる。
片面式タイムカードとなります。
※勤怠管理システムは、別途オプション

※価格は、販売元HPから参照。